詠みます。 題詠blog参加用ブログ


by hasuikekaede
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:題詠( 100 )

070:籍(蓮池尚秋)

秒針がストローだけど在籍者数を数えるふりをしている
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-24 00:19 | 題詠

069:呼吸(蓮池尚秋)

炬燵から落ちたミカンは過呼吸と雨と目覚まし時計のあいだ
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 01:33 | 題詠

068:踊(蓮池尚秋)

踊ってるようにも見える 謝っているのは僕のせいにも見える
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 01:22 | 題詠

067:葱(蓮池尚秋)

玉葱をカーブで投げる 淡路島産がいちばん曲がるから好き
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 01:15 | 題詠
ハッキリと言うけど僕は我ながらひとりごとだと滑舌が良い
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 01:05 | 題詠

065:眩(蓮池尚秋)

蔑んだ言葉の中に通り雨みたいな一瞬眩しい光
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 00:53 | 題詠

064:可憐(蓮池尚秋)

可憐可憐可憐可憐とだんだんに近づいて来る君の足音
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-23 00:40 | 題詠
玄関に買ったばかりのスリッパが片方なくてウクレレがある
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-22 00:50 | 題詠

062:浅(蓮池尚秋)

サンダルを浅く履いてることがもう答えなのかと深読みをする
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-22 00:47 | 題詠

061:@(蓮池尚秋)

帰らない主をじっと待っている忠犬みたい@(アットマーク)が
[PR]
by hasuikekaede | 2008-10-22 00:43 | 題詠